04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

なーぜーー(涙

19, 2008

パソコンが壊れました・・・(涙

ハードディスクが血の気の失せるような恐ろしい音を発してます。
逝っちゃってる可能性大・・・あぁ(号泣


↓でコメント入れてくれた皆さんお返事できなくてごめんなさい。
スポンサーサイト
日常 comment (4)

甲州・信州犬連旅記 甲州食事編

14, 2008

さて待望のお食事の時間。
皆さんもそろそろ飽きてきたと思われるので(私も記憶力の限界)ここからはざっくりいっちゃいます。

GWだったので宿泊者&連れワンコでたいそう賑わっている事だろう。
そんなとこで我家のガウガウ犬がとても冷静な心を保てるとは考えられなかったので他の宿泊者の方に迷惑をかけないよう予め個室を予約しておいた。(チャージ料は2100円)
ちなみに個室はテレビ付き。
会話に乏しい我家では嬉しい誤算。が家にいるのと全く変わらず・・・テレビにかぶりつき状態。

P11809103.jpg IMGP07102.jpg IMGP07282.jpg IMGP07152.jpg IMGP07182.jpg
 IMGP07332.jpg IMGP07462.jpg IMGP076412.jpg IMGP076712.jpg

夕食はイタリアン。

個室なんてとってしまったものだからスタッフの方が気を使ってかなり照明を落としてくれた為、画像がことごとく失敗・・・(涙) 期待を裏切る極小画像でごめんなさい。
結婚して軽く10年超え・・・無用の気遣いです。悲しいけど今更照明ごときではどうにもなりません。

=MENU=
冷前菜 海の幸のサラダ
温前菜 筍のグリエ 砂肝のコンフイ添え
パスタ 菜の花とベーコンのパスタ
スープ カリフラワーのポタージュ
メイン 仔牛フィレ肉のステーキ
デザート コーヒー風味のパンナコッタ
      コーヒーor紅茶

イタリアンだからワイン飲まなきゃ。とかそんなの関係ないのよ~。
と、どこに行っても何を食べてもとりあえずビールっ。(←全く雰囲気を考えない)
運動の後の冷えたビールはやっぱり美味しいねぇ。(注:運動したのはさくら・・・) なんて言いながらアッと言う間にビールを飲み干し、お勧めの地元ワインなんかも頼み、次々に運ばれてくる料理に舌鼓をうち感激の涙を流した。

ワンコのごはんは3種類のメイン&サイズから選べる。
さくらは鶏と野菜のクリームシチューのMサイズ。(840円也)
P1180913.jpg
↑こんな感じ。

P1180917.jpg P1180916.jpg P1180919.jpg
左から~ ・鶏と野菜のクリームシチュー ・ささみのオーブン焼き ・やぎミルク。

ウチではドライフードに申し訳程度のササミをトッピングするだけなのでさぞかし喜んで食べるだろうと思っていたら、以外や以外。
シチューは何がお気に召さなかったのか全くわからないが二口ばかり舐めたあと、上手に鶏肉だけを選び出し他の食材は拒否・・・うちでもたまにドライフードにトッピングしている馴染みのある野菜ばかりなのに・・・なぜだ。
その後も散々 『そんな食べ物を選り好みするように犬に育てた覚えはない』 と涙ながらに訴えたがさくらには全く通じず・・・。
他のフードなど用意してきてなかったので仕方なく生まれて初めてあーんなるものしてあげた。
そしたらほぼ完食・・・ちっ、なんだよこいつ。なまくら病か?
次はSサイズにしてやる。

HPから今月のメニューが確認出来るので食べられないものを事前に伝えておくと変更してくれる(とても親切)ちなみはアタシはアンチョビがダメな事を伝えおいたので菜の花とアンチョビのパスタを→菜の花とベーコンのパスタに変えてもらった。

パンのお替りを頼めばすぐに持ってきてくれ、酔っぱらい(アタシ&ダンナ)のたわ言にも嫌な顔一つせず笑顔で答え、その上さくらの相手までしてくた。全てにおいて抜かりない・・・ぁあ、こんな人が我家にも一人欲しい。と心の底から思った。


食後はお風呂。 なーんて考える事はみな一緒わけで・・・当然いつ行っても空いてない。
(内鍵をかけて入る家族風呂タイプ)
30分おきにお風呂を覗きに行き(怪しさ満載)やっと入れたのが11時近く。
いくら24時間利用可能とはいえただでさえ長旅で疲れているのだから夜中の2時3時に入りたい人など調子にのって飲み過ぎて空くのを待っているうちに眠り込んだ人(←なりそうだった)か、よっぽどどの風呂好きだろう。 時間予約制などにしてもらえると嬉しい・・・。

お風呂には犬も一緒に連れていける。(が犬はお風呂には入れません)
温泉ではないがゆったりとした内風呂と小さいけど露天もあります。
久しぶりに新婚時代を思い出しキャピキャピしながら入りました。
嘘です。老夫婦のようにちんやり浸かってました・・・(失笑

さくらは 風呂=シャンプー とインプットされているので池や川のようなはしゃぎっぷりは全く見られず、まるで視線を合わすとやられるとでも思っているのか、アタシから目をそらし終始遠巻きにチラ見していた(笑


こうして旅行一日目の夜は更けていった。
が、この時飼い主たちは大きな失態を犯した事にまだ気づいていない・・・。


つづく・・・。
犬と旅へ comment (7)

甲州・信州犬連旅記 甲州宿ドッグラン編

11, 2008

砂と泥水にまみれたさくらを乗せ、訳もわからず湖の回りをまたしても1周・・・ようやく宿に向かう曲がり角を見つけたはいいが景観を気にしてのなのかそこからの看板が恐ろしく小さい・・・見落として通り過ぎる事2回(涙
無駄に体力と気力を使い果たし無事(こんだけ迷えば十分イタイ・・・)宿に到着した時には、さくらもすっかり乾いていた・・・。
着いてみたら何の事はない、さっき昼食をとったレストランのすぐ近く・・・(ぁあ・・・ナビ欲しい 涙)

森の中に突如出現した立派な建物。
IMGP0646.jpg
今夜駄犬共々お世話になる CARO FORESTA(カーロフォレスタ)

IMGP0652.jpg
なるほど。
シンプル&モダンのコンセプトどおりエントランスからすでに素敵な匂いがプンプン。

IMGP0650.jpg IMGP0704.jpg
隣にはおしゃれなカフェも併設。テラス・店内どちらもワンコ同伴可。

泊まったのはスタンダードルーム(1番リーズナブルな部屋)
IMGP0656.jpg IMGP0657.jpg
部屋は広くないが人間二人と犬一匹だったら十分な広さ。
ちょっとしたイススペースもあるが室内背を向けて座る形になるのでここに座るとテレビも全く見れず会話も遮断、とても孤独です・・・。

到着して気が付いたのだがスタンダードルームにはトイレが付いていないらしい・・・HPにしっかり間取りが記載されているのに確認せず・・・痛恨のミス(涙
が、目の前がトイレだったので部屋とトイレ、この間を0.5秒で駆け抜ければ起きぬけのマヌケなすっぴん顔をさらす恐れもないし、もらす心配もなさそうだ(年寄りか)

部屋には
IMGP0654.jpg
わんこ用お手入れグッズもしっかり装備。
我家より充実したラインナップ・・・すばらしい。
主に粗相してしまった時用のお手入れ用品なのでまぁこれは使わないに越した事はない・・・。

犬物だけでなく人間用も化粧水から乳液(しかもアタシが使っているのより上物)パジャマまでしっかり用意されている。
次回来る時は手ぶらでこれそうだ。(と言っても今回もたいしたものは持ってきていない)

我家は普段ベッドで一緒に寝ているので飼い主が寝ている隙を狙ってさくらが入り込まないとも限らないので、念のため無料で貸し出してくれるゲージとやらを借りようかともも考えたが、どうやら足の短いさくらでは自力で上がるのは不可能(←ウチのベッドより高い)と判明。
家から持ってきたさくら用の寝床を適当な所に設置し、やっと一息・・・。
なんてやってしまうと二度と重い腰を上げる事が出来そうになかったので、老体にムチを入れすぐにさくらと愛用のゴムPiを連れドッグランへ。

今回ここの宿の決め手なったのが全面ウッドチップのドッグラン、しかもかなり広い。
手足が汚れる事無く遊べるのはもちろんの事、足腰にも優しいらしい。
特殊体系のさくらにはぴったり。そう、まさにさくらの為にあるといって過言ではない(図々しい)

実はウッドチップなるもの初体験のさくら。
最初はノロノロと端っこ歩き回り匂いを嗅ぐ事に全神経を集中させていたようだが、キュッ とゴムPiを鳴らして投げると一目散に走っていった。(やっぱりばかだ・・・涙)

夕飯の時間が近かったせいか広いドッグランは貸切状態。
IMGP06652.jpg
やっぱりさくらのためににあったのかも・・・(絶対なない)

こんな贅沢は二度とない。と、ばかりに・・・

あっちへ
IMGP0672.jpg


こっちへ
IMGP0676.jpg
さくらを振り回し、広いドッグランをあます事無くフル活用。
ウサギ小屋のような我家とは比べ物にならない運動量になる事は間違いない。


ん?疲れてきたか?

んじゃあ、お水どうぞ。(ドッグラン内に水飲み場もある)
IMGP0683.jpg
どんなに息があがって自分が瀕死の状態であろうと、大好きなゴムPiちゃんの火照った体を冷ましてあげる心優しいさくら。(ただちゃをちゃぷちゃぷしたいだけ。何回水を入れ替えてもおもちゃを入れてしまうので水が汚い)
人の(おもちゃの)心配より自分の心配しようよ・・・。

さすがのさくらも相当お疲れの様子だが、ダメ押しでまた投げる。
IMGP0685.jpg
どんなに疲れていても取りに行く・・・。
どうやらPiの音には頭とは無関係に体が勝手に反応してしまうようだ・・・。

そして今日のフィニッシュはこれまた犬生初のアジリティ(平均台やシーソー)に挑戦。
猫のようにしなやかに飛び乗り、忍者の如く軽やかに走り抜け、蝶のように華麗に舞う。そして真央ちゃん(浅田)のような愛くるしい笑顔でポージング。最後はサーカスの動物達のように褒美をねだる事も忘れない。
犬生初のアジリティでありながらこの優雅な身のこなし。もしかして天才か?
画像に納められなかったのが返す返すも悔やまれる・・・(まさかの画像なし。えっ?証拠を見せろ? 都合の悪い事は聞こえないごまかし1口笛1ルールル)

今日は長旅だったし、ここまでやればさすがのさくらにも無意味に吠える気力など残されていないはず。そして今夜は大人しく寝てくれることだろう・・・と祈りつつ部屋へ引きあげる。

エントランスには足洗い場が設置されている(上の画像で向かって左手)これ便利。
IMGP0696.jpg
が、ほとんど汚れていない・・・さすがウッドチップ。
温水が出る上にタオルもふんだんに用意だれているので、さくらのように水を見ると平常心を失う犬にはうってつけ。(軽く足を拭く程度にしておこうと思ったのに・・・)

湖岸で毛の中にめりこんだ砂は館内にあるトリミングルームで
IMGP0700.jpg IMGP0699.jpg
きれいに洗い流す。
まさかシャンプーまでされると思っていなかったらしく飼い主を不信感一杯目で睨み続ける。
そして次に起こすダンナのアクションが心配で目が離せず(笑
ドライヤーを手に持った時には断末魔の叫びをあげていた・・・(笑

さくらもすっかりオメカシを終え後はお楽しみのデナーを待つばかり。


次回、いよいよ魅惑のディナー編につづく。(飼い主、集中力が切れました)
ぁ、引っぱり過ぎですか?
しかもペース遅すぎ?(都合の悪い事は聞こえないごまかし1口笛1ルールル)
犬と旅へ comment (12)

甲州・信州犬連旅記 甲州山中湖編

06, 2008

今回は 『遠くまで行きたくない』 とのダンナの主張により
山中湖(泊)~清里経由~軽井沢(泊) 2泊3日の近場旅行。
(ちなみに軽井沢は高速で小1時間、日帰り圏内。泊まる意味があるのだろうか・・・。)

早朝出発を決めたにも関わらず前夜まで旅行かばんさえ準備をしていない状況にてんやわんや。渋々重い腰を上げ引っ張り出してきたかばんの中には数年前に泊まったホテル四季の蔵のアメニティがどっさり・・・(呆)使えるのか?
結局、旅慣れたダンナがやった方がいかに早く準備が完了するのかと自分に都合の良い理由を並べ立て、全てを押し付けお任せして準備完了。(結局傍観者の立場を勝ち取るvictory~)


翌日、訳もわからずはしゃぐ犬を車に乗せ、いざ甲州に向け出発。
中央高速をひた走り、途中サービスエリアで何回かお犬様の為に休憩をとり、飼い主はソフトクリーム三昧。(←大好物)
P1180888.jpg
せっかくの旅行だというのに全くやる気のない顔・・・出発前のテンションはいずこ・・・。
ちなみに↑バックは諏訪湖。


やっと山中湖に到着したのが2時過ぎ。
早くも目の前に広がる大きな水溜り(←山中湖)に目を輝かせる愛犬さくら。
が、その前にとりあえず人間、腹ごしらえ。

事前に調べておいたペットOKのレストラン古志路(食べるところだけはちゃっかりリサーチ)で食事をとる。燻製好きのアタシの今回の旅で上位にランクインしていた期待のお店。
P1180892.jpg P1180899.jpg
ペット同伴での利用はテラス席のみ。
思っていたよりこじんまりしていたが、既に昼食時間を過ぎていたせいか空いていた。
空いているレストランは味の方で一抹の不安はあるものの、ガウガウ犬の飼い主としては心配の種が1つ減りかなりホッ。ゆっくり食事も夢じゃない・・・頼むぜさくら。

P1180898.jpg P1180905.jpg P1180909.jpg
↑ 燻製オードブルセットにアタシはお勧めのビーフシチュー、ダンナはハンバーグ&チーズ入りソーセージをオーダー。
(画像がイマイチなのであまりそそられないとは思いますが一応クリックで大きくなります)
味は・・・・・・まぁまぁ。可もなく不可もなくといったところ。
決してまずくはないのだが、どうやら期待を過剰に膨らませ過ぎてしまったようだ。
問題の悩みの種(←さくら)は飼い主の手を煩わせる事無くテーブルの下で大人しく待っていた。(飼い主、食べるのに夢中で画像なし)
何気にいい感じ。大人になったのか?


人間のお腹も満たされたところで次は今回のメインイベント、愛犬のたっての希望(?)である水遊び。(現地について1時間少々でもうメイン。これから頭でっかち尻つぼみの旅になるのがミエミエだ・・・)
さくらの遊び場所に適した場所を探しているうちに訳もわからず気が付くと湖を一周・・・このままでは永遠に湖の周りをぐるぐる周りかねないので適当な所で手を打ち(そもそも方向音痴のあたし達に選んでいる余裕などない・・・)、狂喜乱舞するさくらを連れいざ湖岸へ。


遊覧船に乗ってみようと思ったのだがワンコはキャリー使用もしくはデッキのみ。と言われキャリーなんて持ってきてないし(ってかそもそも元から持ってない・・・)遊覧時間の30分あまりをこの寒空の下で過ごすにはつら過ぎる(とても寒かった)ので、結局あきらめる。
IMGP06452.jpg
グッドラック、アヒルちゃん・・・(涙


レトロチックなアヒルちゃんに別れを告げ、桟橋を戻ると・・・
とりつかれたように水中を凝視するさくら。
IMGP0622.jpg

では、水の中を pc_26_04.gifで ズームイン
      ↓ ↓ ↓
IMGP0621.jpg
・・・・・。
鯉がうじゃうじゃ・・・。
どうやら隣のカップルがあげているエサが狙いで集まってきているらしい。
恐い・・・と言うかこれだけいると気持ち悪い。

鯉には記憶の奥深くに眠っていてもらうとして気を取り直し砂浜を散策。


いつもだったら飼い主の制止を振り切り喜び勇んで水中に入っていくさくらだが、なぜか躊躇気味。
IMGP0624.jpg
どうやら波が恐い?らしい・・・?
へぇ、さくら波が恐いんだ・・・。 などという会話を交わしていたが、思い返してみると数年前伊豆旅行でも全く同じ会話をしていたように思う・・・(失笑


それでもさくらなりに波のこなそうな所を見つけては
IMGP0626.jpg
風呂のように浸かっていた・・・(失笑


さっ、さくらそろそろ帰ろうか。 と声をかけると、まるでこの世の終わりみたいな声で泣き叫ぶ。
これじゃあ、まるであたし達が虐待飼い主のようじゃないか・・・(涙
IMGP06441.jpg
テコでも動かないぞっ。 という態度を見せ続け線路(←多分・・・注:なぜこんなところに線路?なんて疑問は持たないように)にしがみつく。
ちっそうきたか・・・こいつめ。
が、そんな事で怯む飼い主じゃないのだ。甘く見てもらっては困るぜ、さくらさん。
飼い主の威厳にかけても一歩も引き下がる気などない。(だって寒いだもん・・・涙)
線路に張り付くさくらを無理矢理剥がし、引きずって砂浜を去る。
おかげで濡れた毛の置く深くまで砂がびっちり入り込みびっくりするくらい小汚い犬にカスタマイズされた。(前日トリミングに行ったばっかり・・・絵文字名を入力してください


この後、小洒落たカフェなんかで山中湖マダムを気取ってお茶なんかしちゃおうか~笑などと密かに企てていた飼い主だがこの状態では周りの視線が痛すぎるとの理由で止む無く断念。
不完全燃焼のさくらの体力は宿のドッグランで存分に発揮してもらうとして、とりあえず小汚い犬を何とかするために一路今夜の宿へ向かう事に・・・。


次回(未定)、宿編につづく。
既に帰宅してから5日が経過・・・記憶がポツポツとびはじめてます。(涙
犬と旅へ comment (6)

ただいま。

01, 2008

P1190006.jpg

昨日無事に家に辿り着きました。

携帯でタイムリーに旅の模様をお伝えするつもりが、今時ナビ無し車の我家。
方向音痴のダンナの運転、地図が読めないアタシのナビゲーター、操縦不能な犬。
と、きれいに三拍子揃った・・・そんなあたしにタイムリーな更新なんてできっこない。(と言う事に出発前から気付くべきだった・・・涙)
帰宅するまで、車内には一触即発のピリピリした空気が終始漂い気の抜けない旅になった・・・。

皆さんが我家が旅に行った事すら忘れてしまわないうちにupする。        つもり。
日常 comment (8)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。