04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夏の想い出。

09, 2009

テンプレートの調子が悪いです。
ブラグインのコンテンツを増やすとなぜか思いっきり崩れます。
1ヶ月以上もの月日を費やしやっと作ったのに・・・(涙
なぜでしょう・・・どこが悪いのか全くわかりません。誰かわかる方がいたら教えて下さい。
が、今はこんな事に時間も労力を費やしている余裕はないので、とりあえあず配布テンプレを拝借。色々カスタマイズしている余裕もないので画像だけ差し替えました。うん、シンプル。むしろこっちのがいいかも・・・。

ドドッーと一気にやるぞー!頑張るぞ。おーっ。 作戦』 第一弾は去年の夏の話。
1年経過する前にupできて良かった・・・。(そうゆう問題ぢゃないって?)
いかんせん昔過ぎて記憶が曖昧なので夢と現実を行きつ戻りつしながら多少のと脚色を交えてお伝えします。

話題が古い上に長いので興味のある方だけ続きをどぞ。
スポンサーサイト
犬と旅へ comment (5)

甲州・信州犬連旅記 信州軽井沢編

10, 2008

今日、月1の診察日だったんですが、病院に着いたのが9時10分、で病院出たのが3時。
って、そりゃぁないやろ兄ちゃん(←医者、そしてクレームはなぜか関西弁)
ぁあ、ホントどうにかして欲しい、あのボンクラめ・・・(涙

まぁいいわ。気を取り直して。
甲信州犬連旅記もいよいよ最終回。皆さん長々お付き合いありがとうございました。

yupicoさんからお勧めのくせに1話完結回? とご指摘を受けたので言い訳を。
言い訳その1.自分のPCには画像を取り込んだが壊れているので取り出せない。
言い訳その2.画像を見れないので記憶が蘇らない。
言い訳その3.皆さん思い出してみて下さい。4月30日ですよ?
         移動するたびにスタンド渋滞に引っかかり身動きとれず。
以上。

ササっとやっつけちゃおう!の最終日の回。
やって来ました、お犬様天国軽井沢。
多少土地感があるので奇跡的に迷わず着いた本日の宿。
IMGP0817.jpg
CARO FORESTA 軽井沢GIARDINO (←バレバレ)
おや?どっかの会社の保養所?みたいな佇まいに一瞬がっかり。

が、表に回ると・・・
IMGP0844.jpg IMGP0840.jpg
山中湖と同じくウッドチップ敷きのドッグランが目の前に広がる。
宿からそのままダイレクトに出られるのでずくなしな我家にはぴったり。

ドッグランでは前日とほぼ一緒(さくらおもちゃを追いかけただ走るのみ)なのでざっくり割愛。
ただこちらのホテルはまだ新しいのでウッドチップも木のいい香がします。
が、さくらには少し硬かったようで走り方がぎこちない。
大量のウッドチップの中で溺れるように必死で走っておりました(笑


そして部屋はこんな感じ↓
IMGP0820.jpg IMGP0831.jpg
また経費節減ルーム(一番安いスタンダード)です。
孤独なイススペースが姿を消した分、山中湖より部屋は狭いがおしゃれ&快適度は増してます。
部屋にはアメニティ、冷蔵庫はもちろん、電子レンジ、空気清浄機、加湿器 等々。そしておしゃれなリードフック。山中湖よりさらにパワーアップして完全装備。

↓そして待望のトイレ・洗面付き。
P11809701.jpg IMGP0833.jpg ←犬グッズも完全装備。
トイレ付き なんといっても山中湖より高ポイントはこの1点に尽きます。
これでもらす心配をする事無く思い切り飲めるし、寝起きのすっぴん顔をさらさずに済む。
こんな洗面台で顔を洗える小顔さんがこの世に存在するのか?と言うぐらい小さな洗面だがないよりマシだ。


IMGP0823.jpg IMGP0865.jpg
窓の向こうがドッグラン。ステンドグラスがめ込まれた洒落たドアの向こうがレストラン。

で、本日も個室をチャージ。
そして魅惑のラインナップは・・・

=MENU=
冷前菜 帆立貝のタルタルフルーツトマト詰め
温前菜 フォアグラと春野菜の“pot-au‐few”仕立て
パスタ いわしのボロネーゼ・自家製ベーコンのペンネ カルボナーラ仕立て
スープ 筍と蟹の温かいスープ 木の芽の香り
メイン 鹿児島県産黒豚ばら肉のトマトとシードル風味
デザート イチゴのミルフィーユ ~バニラアイスと共に~
      コーヒーor紅茶

照明を明るくしてもらったので前日よりはいくらかまし。少しだけ大きめ画像で。
IMGP0875.jpg IMGP0890.jpg IMGP0898.jpg IMGP0903.jpg IMGP0895.jpg IMGP0913.jpg IMGP0917.jpg IMGP0921.jpg

ダンナは通常メニューのアジのボロネーゼ。
アジがダメなアタシのみ変更してもらってペンネカルボナーラです。
初っ端に出て来た前菜の帆立貝のタルタルフルーツトマト詰めがあまりにも美味しかったので他のは良く覚えておりません。

さくらさんのご飯は
・牛筋肉のリゾット ・鳥笹身のオーブン焼き ・ヤギミルク  (←残念ながら画像なし)
本日は食いつきも良くご機嫌で完食。
アッという間に食べ尽くしてしまい、何か降ってこないかと物欲しそうな顔で上を見ていた。

で、部屋にトイレが付いている安心感から・・・
IMGP08681.jpg
↑安物チリ産ワインを3本も空けてしまい食事が終わったら時にはほろ酔いどころか泥酔・・・
千鳥足で部屋に引き上げ、前日同様おぼつかない足取りで風呂を覗きに行く。
が、やっぱりお目当ての露天風呂付は空いてない・・・。
部屋は2階風呂は1階。昨日より更に悪条件。
もうこの際ここ来て露天なんてどうでもいいや。どーせ家に帰っても温泉天国の長野。
(しかも多分ここのは温泉じゃなかったと思う)
今回は粘る事無く露天なしにサクッと入浴。
部屋に戻ると風呂上がりのビールを飲む余裕もなく崩れ落ちるように眠りに落ちた。
で、起きたら朝だった・・・。
髪はタオルにくるんだまま思いっきり寝癖がついてるし、顔は化粧水も塗らずねてしまったのでパツッパツッ。 この歳の女には自殺行為、あり得ない・・・あぁ(号泣
そして床に行き倒れになっている犬を見て、昨日風呂に忘れてこなくて良かったと心から安堵した。

と、ここまででブログ内に保存してあった画像が底を尽きました・・・(涙
後はSDカード内に残されたわずかな画像と私の巧みな(?)描写でお届けします。

朝ご飯は山中湖と全く一緒。そしてまたしてもレストランには人っ子一人犬一匹おりませんでした。
軽井沢の清清しい朝の空気とは裏腹に、本日は朝のボーっとに加え、昨夜の深酒がたたりダラダラ度にも磨きがかかっております。

食事を済ませ昨日同様身支度を整え、尻に根っこが生える前に適当にドッグランでさくらを遊ばせせホテルを出発。


軽井沢に関してはさほど興味もなかったので全くリサーチなし。
行けばなんとかなるだろう。 と、特に目的もなく旧軽をブラブラ。
せっかく軽井沢まで来たので浅野屋のパンを買って帰りたかったが、激混みだったので向かいにある、あのジョン・レノンが愛したフランスパンというふれこみで有名なフランスベーカリーでパンを買ったり、ミカドでモカソフト⇒ P1180974.jpg を食べたりチャーチストリートなんかを覗いたり観光客っぽく普通に楽しんだ。
犬は何度も踏まれそうになりとても迷惑そうだった・・・。

昼食はアタシの誕生日を数日後に控えていたので、出発前よりさりげなくアプローチし続けたが、何事も直球勝負の彼には全く伝わらず・・・(気付かないフリをしていたとも考えられる・・・)、悔しいのでダンナには内緒で旅立ちの数日前、自ら予約を入れ勝手に奮発した。
(そうそう関係ないけどhinaさんステキなプレゼントありがとう。ろくなお礼も言えずごめんよー)

向った先は、Primavere(プリマヴェーラ)

お店のお兄さんに予約をした〇〇です。と名を告げると席に案内される。
で、しばらくすると別の若いお兄さんがやってきて、
『私〇〇様のご予約の電話を受けたのですがご予約は姉妹店のピレネーで承っておりますが・・・』と。

・・・・・。

って、おい。
店間違えてるぢゃん・・・。

結局お店の方のご好意によりこちらで食事をいただける事になり、これから1時間半ダンナの冷ややかな視線を浴びながら食事を取る事になる。
残念ながら画像はこちら↓のみ。
P1180978.jpg P1180979.jpg ←↓一応ポチで大きくなります。
                P1180993.jpg P1180999.jpg

一応、誕生日って事でアルコールのお許しをもらい洒落た食前酒とビールをちょっぴり。
心優しいダンナはリンゴジュースをちびちび。
飲みたいのに飲めない人を目の前に飲むアルコールの美味しい事(筋金入りのドS)

美味しい料理を堪能し、後はお決まりのアウトレットショッピングへ。
いくらお犬様天国軽井沢とはいえ、ここだけは別世界。
洋服屋さんが多いので犬立ち入り禁止が多い。
いつもは物欲の塊と化しているアタシですが、バッグを失くした(山中湖での失態さりげなくカミングアウト)心の痛手を修復できず、いつもの燃え盛るような買い物魂に火が点かなかったので、普段一生懸命働いているにも関わらずユニクロの服しか与えられない不憫な彼に今回は買い物優先権を譲り、アタシはさくらと外のベンチで留守番。と、いつものダンナの立場を買って出た。
後日ここでの戦利品を見せてもらったが買った物といえば、ネクタイ1本と、ユニクロとそう大差ないTシャツ数枚・・・貧乏性のダンナで良かったと心の底から思った。

帰り道、いくら方向音痴なダンナでもここまで来たらスムーズに帰れるだろうとタカをくくって助手席でのんびり帰り道をたのしんでいたが、何故か碓井軽井沢ICに向ってひた走っていた・・・ちなみに長野に帰るには佐久ICなので逆方面。 救いようのない方向オンチ・・・今度はナビ付きの車を買おうと誓った。
こうして最後の最後までアタシに散々文句を言われながら2008年GWの旅は幕を下ろした。
(犬連れ旅行なのにまさかの犬画像0・・・)

こんなくだらない旅行記に最後までお付き合いありがとうございました。
振り返ってみると、飲んだり食ったり飲んだり食ったりの繰り返し・・・反省です。
次回は今回の反省を踏まえ、もう少し実のある旅行にしたいと思います。

では See you!
犬と旅へ comment (9)

甲州・信州犬連旅記 甲州横断編

04, 2008

三日三晩寝ずに考えましたが、風呂から部屋まで素っ裸で戻る 以上の衝撃的な嘘っぱちを考える事ができず・・・プレッシャーに弱いアタシの選んだ道は。

黙して語らず。

そう、これが信州女の美学です。(嘘です、そんなのありません)

皆さんアレコレ妄想して楽しんでね~。てへ。
消化不良的な胸のモヤモヤはご主人の晩御飯にそっと愛犬のドライフードを混入するなり、賞味期限切れの食料を食べさせるなりして個々で解消してください。
なんだよこれっ。とキィキィ言ってる声がそこかしこから聞こえてくるようです・・・でもしらんぷり~。


さっ、気を取り直して・・・朝食です。
IMGP0924.jpg P1180948.jpg
予想外の和食。
おかずは生たまごや納豆、焼き魚に味付け海苔なんかの和朝食の王道がラインナップ。
お味噌汁はテーブルの上でアツアツをいただきます。
100%フレッシュジュースやコーヒーなんかはフリードリンク(ドリンクバーみたくなってる)、もちろんご飯もお替り自由。

他の宿泊者の方々より遅かったようで(勝手に行って食べるシステム)広いフロアでポツンと二人。
物欲しそうなさくらの視線を浴びながら黙々と食べた。

食後、身支度を整え、チェックアウトを済まし、しばし昨日のドッグランでさくらを放す。
(大嫌いな服を着せられてご機嫌ナナメ・・・)

昨日は誰もいなかったドッグランだが、今日は先客あり。


P1180966.jpg
ふわふわトイプーのマヤちゃんです。(マヤちゃんの名前を思い出すのに丸3日要す・・・がホントにマヤちゃんだったかどうか未だに怪しい)
どっからみてもぬいぐるみ。
さくらもマヤちゃんの魅力に磁石のように惹き寄せられご挨拶。

P1180965.jpg
どうやらマヤちゃんもまんざらではない様子。
お互い尻の匂いなんかを嗅ぎあい、

           

P1180967.jpg
熱い口づけを交わす・・・。

初対面とは思えないフレンドリーっぷりにあたし達はもちろんマヤちゃんの飼い主もびっくり。

普段自分ちの犬にも(←さくら)懐かれていないダンナにも
P1180970.jpg
スリスリと擦り寄って愛想をふりまく人懐っこさ。
なるほど・・・可愛い女は人間同様、男心をつかむ術を心得てる・・・と妙に納得。

P1180963.jpg
ゴムPiを投げると仲良く取りに行き、仲良く持ってくる。
勝率はさくら8割マヤちゃんは2割といったところだろうか。
足の長さでは完全にマヤちゃんに負けているものの速さでは負けてない。さすが腐っても狩猟犬。

もこもこマヤちゃんはウッドチップの中でモップのように全ての小枝枯れ草を毛の中に巻き込み、そのマヤちゃんのお尻を必死の形相でおいかける飼い主さんはヒィーヒィー(←息切れ)見ているあたし達もヒィーヒィー(←笑い過ぎで)
今の今までトイプーの魅力にとりつかれていた飼い主だが、短毛ダックスで良かったと心の底から思った。

そして前日習得したばかりのアジリティでの華麗な技を披露するとマヤちゃん一家も、スタンディングオベーションでブラボーブラボーの雨あられ。拍手喝采の嵐。(やっぱり天才か)
でも、やっぱり画像なし。
お世辞だとわかっていてもマヤちゃん一家に褒めちぎられ気分も最高潮。
このままマヤちゃん一家と行動を共にしたい気持に駆られるがマヤちゃん一家は全くその気なし・・・(涙
後ろ髪を引かれる思いでマヤちゃん一家に別れを告げホテルを後にする。

アディオス、アミーゴ!


少し車を走らせ山中湖から河口湖へ移動。
IMGP0777.jpg
まわりにはきれいに整備された遊歩道があるのでちょっとしたお散歩には最適。
対岸が見えるので山中湖に比べると小さめ。それほど大きくはないのかも・・・.。
そーいえば1周するのも早かった(また迷って1周した・・・)

水溜りに目を輝かせるさくら
IMGP0782.jpg
今日はダメ。

IMGP0769.jpg IMGP0784.jpg
湖岸の女神像。と河童。
なぜか河童・・・?そして河童のまわりにはなぜか小銭がたくさん落ちていた。何かご利益があるのかも!と夫婦揃って賽銭も置かず一心不乱に願をかける(図々しい・・・叶うわけない)

IMGP0785.jpg
一見なんの変哲もない公園。だが良く見ると全面ウッドチップ・
この辺はウッドチップが当たり前なのだろうか・・・?

山中湖に比べるとお店が少ないせいか活気はいまひとつだが、なまくらなあたし達にはこっちのが向いているような気がした。

朝がっつり食べた過ぎたのであんまりお腹は空いていなかった(やっぱり米はお腹にたまるね)が、これから高速にのったらもう犬を連れての食事は無理かと思われるので、
IMGP0799.jpg IMGP0801.jpg
河口湖近くの山の中にあるMiu's cafe(ミューズカフェ)で(ここへ来るのにもかなり迷った)で軽くランチ。
山の中のせいか寒かったので店内に陣取る。(テラス・店内どちらもワンコOK)

IMGP0806.jpg IMGP0808.jpg IMGP0811.jpg
アタシは海老とアボガドのホットサンド、ダンナはロコモコ、そして河口湖でソフトクリームを食べそこなったのでデザートにチョコバナナサンデー。(甘いものは別腹)
カフェなので正直味の方はあんまり期待していなかったが、どうしてどうして、サンドウィッチはもちろん、ロコモコも美味しかった。とかなりの高評価。

食事も済ませて一路軽井沢へ車を走らせる。
チェックアウトの際、親切なフロントのお兄さんに行き方を聞いたら清里を抜けて行くのが最短ルート。と言われたので言われたとおりに高速にのり、言われたとおりに高速をおり、言われたとおりに清里へ向かった。

途中、
IMGP0813.jpg
清泉寮で濃厚な牛乳味のソフトクリームを食べながら小休憩をとり、思い出の地、萌木の村(←さくら初めての旅行先)なんかにも立ち寄りたいとさりげなく運転手にアプローチしてみたが時間の見通しがつかないと交渉の余地なく却下された・・・(ケチ)
観光客で賑わう萌木の村を横目で見ながらサクッと通り過ぎ、目指すは日本屈指のリゾート地軽井沢。

次回感動のフィナーレ。もうよく覚えてないので嘘を交えながら無理矢理終わらします。
犬と旅へ comment (10)

甲州・信州犬連旅記 甲州食事編

14, 2008

さて待望のお食事の時間。
皆さんもそろそろ飽きてきたと思われるので(私も記憶力の限界)ここからはざっくりいっちゃいます。

GWだったので宿泊者&連れワンコでたいそう賑わっている事だろう。
そんなとこで我家のガウガウ犬がとても冷静な心を保てるとは考えられなかったので他の宿泊者の方に迷惑をかけないよう予め個室を予約しておいた。(チャージ料は2100円)
ちなみに個室はテレビ付き。
会話に乏しい我家では嬉しい誤算。が家にいるのと全く変わらず・・・テレビにかぶりつき状態。

P11809103.jpg IMGP07102.jpg IMGP07282.jpg IMGP07152.jpg IMGP07182.jpg
 IMGP07332.jpg IMGP07462.jpg IMGP076412.jpg IMGP076712.jpg

夕食はイタリアン。

個室なんてとってしまったものだからスタッフの方が気を使ってかなり照明を落としてくれた為、画像がことごとく失敗・・・(涙) 期待を裏切る極小画像でごめんなさい。
結婚して軽く10年超え・・・無用の気遣いです。悲しいけど今更照明ごときではどうにもなりません。

=MENU=
冷前菜 海の幸のサラダ
温前菜 筍のグリエ 砂肝のコンフイ添え
パスタ 菜の花とベーコンのパスタ
スープ カリフラワーのポタージュ
メイン 仔牛フィレ肉のステーキ
デザート コーヒー風味のパンナコッタ
      コーヒーor紅茶

イタリアンだからワイン飲まなきゃ。とかそんなの関係ないのよ~。
と、どこに行っても何を食べてもとりあえずビールっ。(←全く雰囲気を考えない)
運動の後の冷えたビールはやっぱり美味しいねぇ。(注:運動したのはさくら・・・) なんて言いながらアッと言う間にビールを飲み干し、お勧めの地元ワインなんかも頼み、次々に運ばれてくる料理に舌鼓をうち感激の涙を流した。

ワンコのごはんは3種類のメイン&サイズから選べる。
さくらは鶏と野菜のクリームシチューのMサイズ。(840円也)
P1180913.jpg
↑こんな感じ。

P1180917.jpg P1180916.jpg P1180919.jpg
左から~ ・鶏と野菜のクリームシチュー ・ささみのオーブン焼き ・やぎミルク。

ウチではドライフードに申し訳程度のササミをトッピングするだけなのでさぞかし喜んで食べるだろうと思っていたら、以外や以外。
シチューは何がお気に召さなかったのか全くわからないが二口ばかり舐めたあと、上手に鶏肉だけを選び出し他の食材は拒否・・・うちでもたまにドライフードにトッピングしている馴染みのある野菜ばかりなのに・・・なぜだ。
その後も散々 『そんな食べ物を選り好みするように犬に育てた覚えはない』 と涙ながらに訴えたがさくらには全く通じず・・・。
他のフードなど用意してきてなかったので仕方なく生まれて初めてあーんなるものしてあげた。
そしたらほぼ完食・・・ちっ、なんだよこいつ。なまくら病か?
次はSサイズにしてやる。

HPから今月のメニューが確認出来るので食べられないものを事前に伝えておくと変更してくれる(とても親切)ちなみはアタシはアンチョビがダメな事を伝えおいたので菜の花とアンチョビのパスタを→菜の花とベーコンのパスタに変えてもらった。

パンのお替りを頼めばすぐに持ってきてくれ、酔っぱらい(アタシ&ダンナ)のたわ言にも嫌な顔一つせず笑顔で答え、その上さくらの相手までしてくた。全てにおいて抜かりない・・・ぁあ、こんな人が我家にも一人欲しい。と心の底から思った。


食後はお風呂。 なーんて考える事はみな一緒わけで・・・当然いつ行っても空いてない。
(内鍵をかけて入る家族風呂タイプ)
30分おきにお風呂を覗きに行き(怪しさ満載)やっと入れたのが11時近く。
いくら24時間利用可能とはいえただでさえ長旅で疲れているのだから夜中の2時3時に入りたい人など調子にのって飲み過ぎて空くのを待っているうちに眠り込んだ人(←なりそうだった)か、よっぽどどの風呂好きだろう。 時間予約制などにしてもらえると嬉しい・・・。

お風呂には犬も一緒に連れていける。(が犬はお風呂には入れません)
温泉ではないがゆったりとした内風呂と小さいけど露天もあります。
久しぶりに新婚時代を思い出しキャピキャピしながら入りました。
嘘です。老夫婦のようにちんやり浸かってました・・・(失笑

さくらは 風呂=シャンプー とインプットされているので池や川のようなはしゃぎっぷりは全く見られず、まるで視線を合わすとやられるとでも思っているのか、アタシから目をそらし終始遠巻きにチラ見していた(笑


こうして旅行一日目の夜は更けていった。
が、この時飼い主たちは大きな失態を犯した事にまだ気づいていない・・・。


つづく・・・。
犬と旅へ comment (7)

甲州・信州犬連旅記 甲州宿ドッグラン編

11, 2008

砂と泥水にまみれたさくらを乗せ、訳もわからず湖の回りをまたしても1周・・・ようやく宿に向かう曲がり角を見つけたはいいが景観を気にしてのなのかそこからの看板が恐ろしく小さい・・・見落として通り過ぎる事2回(涙
無駄に体力と気力を使い果たし無事(こんだけ迷えば十分イタイ・・・)宿に到着した時には、さくらもすっかり乾いていた・・・。
着いてみたら何の事はない、さっき昼食をとったレストランのすぐ近く・・・(ぁあ・・・ナビ欲しい 涙)

森の中に突如出現した立派な建物。
IMGP0646.jpg
今夜駄犬共々お世話になる CARO FORESTA(カーロフォレスタ)

IMGP0652.jpg
なるほど。
シンプル&モダンのコンセプトどおりエントランスからすでに素敵な匂いがプンプン。

IMGP0650.jpg IMGP0704.jpg
隣にはおしゃれなカフェも併設。テラス・店内どちらもワンコ同伴可。

泊まったのはスタンダードルーム(1番リーズナブルな部屋)
IMGP0656.jpg IMGP0657.jpg
部屋は広くないが人間二人と犬一匹だったら十分な広さ。
ちょっとしたイススペースもあるが室内背を向けて座る形になるのでここに座るとテレビも全く見れず会話も遮断、とても孤独です・・・。

到着して気が付いたのだがスタンダードルームにはトイレが付いていないらしい・・・HPにしっかり間取りが記載されているのに確認せず・・・痛恨のミス(涙
が、目の前がトイレだったので部屋とトイレ、この間を0.5秒で駆け抜ければ起きぬけのマヌケなすっぴん顔をさらす恐れもないし、もらす心配もなさそうだ(年寄りか)

部屋には
IMGP0654.jpg
わんこ用お手入れグッズもしっかり装備。
我家より充実したラインナップ・・・すばらしい。
主に粗相してしまった時用のお手入れ用品なのでまぁこれは使わないに越した事はない・・・。

犬物だけでなく人間用も化粧水から乳液(しかもアタシが使っているのより上物)パジャマまでしっかり用意されている。
次回来る時は手ぶらでこれそうだ。(と言っても今回もたいしたものは持ってきていない)

我家は普段ベッドで一緒に寝ているので飼い主が寝ている隙を狙ってさくらが入り込まないとも限らないので、念のため無料で貸し出してくれるゲージとやらを借りようかともも考えたが、どうやら足の短いさくらでは自力で上がるのは不可能(←ウチのベッドより高い)と判明。
家から持ってきたさくら用の寝床を適当な所に設置し、やっと一息・・・。
なんてやってしまうと二度と重い腰を上げる事が出来そうになかったので、老体にムチを入れすぐにさくらと愛用のゴムPiを連れドッグランへ。

今回ここの宿の決め手なったのが全面ウッドチップのドッグラン、しかもかなり広い。
手足が汚れる事無く遊べるのはもちろんの事、足腰にも優しいらしい。
特殊体系のさくらにはぴったり。そう、まさにさくらの為にあるといって過言ではない(図々しい)

実はウッドチップなるもの初体験のさくら。
最初はノロノロと端っこ歩き回り匂いを嗅ぐ事に全神経を集中させていたようだが、キュッ とゴムPiを鳴らして投げると一目散に走っていった。(やっぱりばかだ・・・涙)

夕飯の時間が近かったせいか広いドッグランは貸切状態。
IMGP06652.jpg
やっぱりさくらのためににあったのかも・・・(絶対なない)

こんな贅沢は二度とない。と、ばかりに・・・

あっちへ
IMGP0672.jpg


こっちへ
IMGP0676.jpg
さくらを振り回し、広いドッグランをあます事無くフル活用。
ウサギ小屋のような我家とは比べ物にならない運動量になる事は間違いない。


ん?疲れてきたか?

んじゃあ、お水どうぞ。(ドッグラン内に水飲み場もある)
IMGP0683.jpg
どんなに息があがって自分が瀕死の状態であろうと、大好きなゴムPiちゃんの火照った体を冷ましてあげる心優しいさくら。(ただちゃをちゃぷちゃぷしたいだけ。何回水を入れ替えてもおもちゃを入れてしまうので水が汚い)
人の(おもちゃの)心配より自分の心配しようよ・・・。

さすがのさくらも相当お疲れの様子だが、ダメ押しでまた投げる。
IMGP0685.jpg
どんなに疲れていても取りに行く・・・。
どうやらPiの音には頭とは無関係に体が勝手に反応してしまうようだ・・・。

そして今日のフィニッシュはこれまた犬生初のアジリティ(平均台やシーソー)に挑戦。
猫のようにしなやかに飛び乗り、忍者の如く軽やかに走り抜け、蝶のように華麗に舞う。そして真央ちゃん(浅田)のような愛くるしい笑顔でポージング。最後はサーカスの動物達のように褒美をねだる事も忘れない。
犬生初のアジリティでありながらこの優雅な身のこなし。もしかして天才か?
画像に納められなかったのが返す返すも悔やまれる・・・(まさかの画像なし。えっ?証拠を見せろ? 都合の悪い事は聞こえないごまかし1口笛1ルールル)

今日は長旅だったし、ここまでやればさすがのさくらにも無意味に吠える気力など残されていないはず。そして今夜は大人しく寝てくれることだろう・・・と祈りつつ部屋へ引きあげる。

エントランスには足洗い場が設置されている(上の画像で向かって左手)これ便利。
IMGP0696.jpg
が、ほとんど汚れていない・・・さすがウッドチップ。
温水が出る上にタオルもふんだんに用意だれているので、さくらのように水を見ると平常心を失う犬にはうってつけ。(軽く足を拭く程度にしておこうと思ったのに・・・)

湖岸で毛の中にめりこんだ砂は館内にあるトリミングルームで
IMGP0700.jpg IMGP0699.jpg
きれいに洗い流す。
まさかシャンプーまでされると思っていなかったらしく飼い主を不信感一杯目で睨み続ける。
そして次に起こすダンナのアクションが心配で目が離せず(笑
ドライヤーを手に持った時には断末魔の叫びをあげていた・・・(笑

さくらもすっかりオメカシを終え後はお楽しみのデナーを待つばかり。


次回、いよいよ魅惑のディナー編につづく。(飼い主、集中力が切れました)
ぁ、引っぱり過ぎですか?
しかもペース遅すぎ?(都合の悪い事は聞こえないごまかし1口笛1ルールル)
犬と旅へ comment (12)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。