04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

TENTH BEAR

17, 2007

下↓の日記のつづき。
まだまだ続くよ~、お花見日記。


午前中のハードワーク(?)にすっかり体力を奪われ何にもやる気なし。
このままもう一度寝直したい気持ちに駆られるが、それでもお腹は空くし、やらなければならない事も山積み。
老体にムチを打って、近所のパン屋(と言っても徒歩じゃ行きません。車で5分弱)へ買出しに。

200704121243000.jpg
TENTH BEAR。この界隈では一番の人気店(イマイチ携帯画像)

テラスにカフェスペースがあるのだが、未だかつてここで食べている人を見た事がない・・・。
並びにはホームセンター、そして向かいにドラッグストアー、その隣はTSUTAYA。
ロケーションが悪い上に結構な交通量。
果たしてこの環境で優雅にティータイムなど楽しむ事が出来るのだろうか・・・?

本来のパン屋さんはと言うと、いつも混んでいる上に店内も狭いのでゆっくり吟味している余裕などない。優柔不断な私には酷過ぎる・・・。
今日は何となくお花見気分を引きずっていたので外でも食べやすいサンドイッチっぽいものにターゲットを絞り物色。
スポンサーサイト
カフェ&レストラン comment (5)

Patisserie Keinoshin

17, 2007

ここ最近、国生さゆりのテレビ露出度が妙に高いと思ったら、バレンタインだったのね、、、
って知ってはいたが面倒なので忘れたフリを貫き通したバレンタイン当日。

が、アタックチャンステレビの心労がたたったのか私の体が甘いものを欲している。
2日も遅れてしまったがバレンタインを口実に(それだけ過ぎれば既にバレンタインとは無関係)
私欲を満たす為、愛犬の散歩ついでに近所のケーキ屋でゴマすり用のケーキなぞ買ってみる。

435_3578.jpg

甘い香りに誘われドアの向こうの宝石箱のようなショーケースに釘付けの愛犬。
どんなに穴の空くほど見ていたって絶対にもらえる事などない。
一刻も早く気付いてしてもらいたいものである。
カフェ&レストラン comment (10)

Trattoria il Caloroso

07, 2006

旅行記で力尽き、ほったらかしだったグルメネタ。
時間が経てば経つほど ちっ、面倒くさいなぁ 感が増し、何よりも記憶がすっかりおぼろげだ・・・。
このままなかった事にしてやり過ごそうかとも思ったが、一緒に行った友人達に 
『ブログに載せるからまだ食べないでっー』 
と美味しい料理を目の前に散々おあずけをさせてしまった上に、upしてないとわかった時には後でブーブーと非難の集中業火を浴びるのは明らかだ。
そして二度と美味しい画像は撮らせてもらえない、、、
これからのグルメネタ発展の為、記憶の断片を掻き集めしぶしぶupする事にします。

道の隅っこの目立たない場所にイタリアンレストランの文字。
矢印の方向に目を向けるが何の変哲もない住宅街。
どこだ、どこだ?と目を皿のようにして住宅街を突き進む。
で見つけたの文字。
見かけはお金持ちそうな洒落た外観のお家。
といった感じでレストランの雰囲気はみじんもない。
ここでいいのか?とやや不安な面持ちでアプローチを上り玄関のチャイム押す(あれ、、、押したっけ?)
中に入ると普通のお宅よりちょっと広い玄関にリビング。
もちろん靴は脱ぎスリッパに履き替える。
所謂、渡る世間は鬼ばかりの おかくら の洋風バージョン風。

P1060282.jpg
↑本当に普通なので友人の家にお呼ばれしたような不思議な感じ、、、
カフェ&レストラン comment (4)

傘風楼

28, 2006

先日の日記でグルメネタが思わぬ所で好評を博していたと知り、すっかり気を良くしたので調子に乗ってまたまたグルメネタ。


そろそろ観光シーズンピークに入りつつある小布施、謎の言語が飛び交い(←要所要所にわかる単語が入っていたのでおそらく日本語)活気に満ちていた。
で、今日は小布施の観光地街のド真ん中にあるイタリアンレストランでランチ。
以前は世間一般で言う普通の洋食屋だったが、どうやらイタリアンに路線変更。
世界1位のピザ職人がいるらしい)

日差しが差し込む明るい店内、窓際は座席もゆったり。
P1080430.jpg

やはり、『小布施に来たら栗おこわ』。
考える事は皆一緒なのかイタリアンの人気はイマイチらしい。
外の活気とは裏腹に中はひっそり。
それなのにこれから入って来るであろう観光客を期待してか奥のもの凄く狭いテーブルに案内された、、、
しかも他のテーブルは全て空いてるくせにこの一角だけギュウギュウ詰め、異常に人口密度が高い。
二人じゃ広いテーブルには座らせられないのか?別にいいけど、、、
カフェ&レストラン comment (11)

Old spaghetti house

21, 2006

ダンナに起こされ目を覚ますと何とびっくり、7時半だった、、、(←一応主婦しかも専業)
って、それより君も出勤時間じゃ、、、オイオイ

『・・・・・。』

はぁ
ぁん?何だって?(奥さん怖すぎます・・・

こっちは起抜けの上に想像だにしなかった時間に少々パニクリ気味。
何を言っていたのかはっきり覚えていないが、
要約するとどうやらずる休みしたいらしい、、、
あの、もしもし?
大の大人がそんな子供みたいたいな事言って世間に通用すると思っているのかい?
ちっちっ
そんな甘い事バブル時代だったらいざ知らず、今のこのご時勢では許されませんから。さぁ、とっとと世間の荒波にたっぷり揉まれておいでぇ~

とは言ってみたもの盆も正月も働きづめの我夫。
何となく気の毒な気もしないでもなく・・・。
それにも増して支度する気配すら見せない夫に根負け。
その後、会社に休みの電話をかけると(ダンナが)午後どうしても出ないといけない会議があるとかで結局午前中だけ休む事に。

と、前置きが長くなりましたが、さて本日の本題。
腹が減っては戦は出来ぬとは良く言ったもので、空腹で思考回路がどうにかなってしまいそう・・・と言うダンナのお供で腹ごしらえ。

前のブログでも紹介した事のあるお店ですが。
食べ物ネタ専門で楽しんでる方もいるようなので一応(笑  
近いこともあり、頻繁にお邪魔するお気に入りのイタリアンレストラン

平日は優雅な奥様陣で開店(11時は30分)と同時にすぐいっぱい。
我家も開店を目指し戦闘準備。
11時半ちょっと過ぎに着いたのに最後の一席だった、、、
恐るべし有閑マダム・・・。

店内は分煙。
P1070545.jpg
こっちは喫煙側
カフェ&レストラン comment (6)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。